オリコクレストと総量規制について

お問い合わせサイトマップ
掲載ローン数
108
キャッシング検索はこちら!
トップページ このサイトについて キャッシング基礎知識 サイト内おすすめランキング キャッシングQ&A コラム集
トップページ このサイトについて キャッシングナビゲーション サイト内おすすめランキング キャッシングQ&A コラム集

オリコのカードローンは総量規制の対象です

     

オリコクレストのようなカードローンは、融資限度額が大きいほうが使い勝手がいいです。

しかし、総量規制の対象だと年収による制限があります。

この点を踏まえて、審査をスムーズに通過するためにはどこに気を付けるといいでしょうか。

オリコのカードローンは総量規制の対象です

オリコのカードローンは総量規制の対象です
信販会社は貸金業法という法律に基づいて営業をしています。

そのため、総量規制という融資制限の対象です。

他の金融機関で借りている無担保融資との合計額が年収の3分の1を超えてはいけないのです。

オリコは信販会社

オリコは信販会社です。

そのため、オリコのクレストも総量規制の対象です。

この計算をするためには、他の金融機関で借りている残高も調べる必要があるため、信用情報を照会する必要があります。

その上で審査をするため、自分が通ると思っていた審査に通らない可能性が生じるのです。

年収の3分の1という融資規制

カードローンは総量規制の対象となる無担保融資です。

また、カードローンのように与信枠を設定するローンは、その気になれば最高限度額まで借りることができるため、限度額いっぱいを借りているものとみなして限度額の計算をされてしまいます。

借入残高で大丈夫だと判断しても、計算方法が違うので予想に反して審査に落ちることがあるのです。

総量規制の枠を考える際の注意点

ではこのような計算をするためには何に気を付けるべきでしょうか。

通常のローンは返済が進むにつれて残高が減り、追加借入はできないので借入残高だけを注意していればいいです。

また、ディーラーの自動車ローンのように担保がついているローンは総量規制の対象外になります。

気を付けなければいけないのは、先ほど挙げた与信枠を設定するカードローンやクレジットカードのキャッシング枠です。

無担保融資はありませんか

オリコクレストのようなローンを申し込む際、年収の3分の1という限度額を意識しているでしょうが、無担保融資をすべて把握しない限り限度額計算はできません。

オリコは信販会社ですので、信用情報を取り寄せることができるので無担保融資の存在を把握できますが、申し込む人は探しもれが生じるものです。

盲点なのが携帯電話の分割払い。こちらも無担保融資の一種になるので気を付ける必要があります。

他のカードローンやキャッシング枠は解約しよう

クレジットカードのキャッシング枠は、利用する予定がなければ解約した方が賢明です。

自分の知らないうちにキャッシング枠が設定されていることもありますから、WEBサービスなどで事前確認したほうがいいでしょう。

総量規制はカードローン利用者のためのもの

このような融資規制は一見邪魔なものだと思いがちです。

特に銀行系カードローンは総量規制がないため有利に思えます。

しかし、本当に邪魔な規制なのでしょうか。

無理のない返済のためのガイドライン

オリコも信販会社なので総量規制を無視することはできません。

貸金業法を守っているから貸金業としてオリコは営業をしているのです。

とはいえ、返済できるガイドラインとしてこの規制は的外れのものではないことも事実です。

年収の3分の1という融資額は、自分の収入から生活費を引いた残額だと言われています。

つまり、1年間で返済できる金額を融資限度額だと考えているのです。

言い方を変えれば、無担保ローンのような高めの金利のローンは1年以内に返済すべきだとか考えて作られた規制と言えます。

総量規制を超えると返済はつらくなる

実際に年収の3分の1の金額を考えていただくと、サラリーマンの方は税金や保険料を引いた手取り金額の4割程度になると思います。

つまり、限度いっぱい借りた場合は、自分の月収の4割を毎月返済しないと1年間で返済できないのです。

2年でも3年でもかけて返済すればいいじゃないかと言われるかもしれません。

しかし、2年も3年も新規の借入がなく、ローン返済後の収入だけで暮らし続けることができるか、考えてみてください。

総量規制の対象でオススメのカードローンは?

これまでご説明してきましたようにオリコのカードローンクレストだけでなく、総量規制の対象となっているカードローンは多くあります。

どうせ総量規制がかかるのであれば、オリコと比べて質の良いカードローンを利用したいというのが本音の部分ですよね。

オリコのカードローンクレストも便利ですが、更に利便性の高いカードローンがあるのでご紹介をしておきます。

アイフルなら即日融資もできる

オリコクレストより利便性の高いカードローンをあげるとすれば、まずアイフルがあげられます。

オリコクレストの場合には、契約から融資まで最短でも5日かかってしまうので、すぐに借り入れを行うことができないというのがネックな部分です。

一方でアイフルの場合には、ネットから申し込みをしてweb完結での即日融資も可能となっておりますし、来店契約であれば当日21時頃まで可能となっています。

なるべく早く借り入れを行いたいと考えている方はアイフルを利用することをお勧めします。

かりかえMAXなら総量規制の対象外

アイフルには通常のカードローン商品の他に、かりかえMAXという商品もあります。

これは現在あちこちで借り入れているローン残高をアイフルに借り換える商品です。

基本的に追加借り入れはできないため、返済が主目的になる専用カードローンですが、かりかえMAXは総量規制の対象外となりますので、年収を気にせずに借り入れをすることが可能です。

どうしても総量規制が気になるなら銀行カードローンのバンクイック

どうしても総量規制がネックになってしまう場合には、銀行系カードローンを利用するほかないでしょう。

その中でもとくに三菱UFJ銀行のバンクイックが利便性が高くおススメです。

バンクイックはwebから申し込みが可能となっており、ネットで申込み、審査を行ってから来店をすればテレビ窓口から即日でカードを受け取ることも可能です。

銀行のカードローンの中でも、スピードに金利に使いやすさに、本当にバランスのとれた商品です。総量規制でどうしても…という人はバンクイックを利用することをお勧めします。

まとめ

□オリコのカードローンクレストは総量規制の対象
□総量規制とは年収の3分の1以上貸し付けできないルールのこと
□借り過ぎを規制する利用者のためのルール
□総量規制のあるカードローンでオススメなのはアイフル
□アイフルなら即日で借入れ可能
□総量規制がネックならバンクイックもあり

以上が今回ご紹介してきた内容となりますので、自分に合ったカードローンを選ぶために参考にしてみてくださいね!

Orico(オリエントコーポレーション)に関する記事の人気ランキング

この記事を書いた人
山本潤ファイナンシャル・プランナー2級

性別:男
2001年にファイナンシャルプランナー(FP)として独立。
FP業務として、生保・損保の見直し、個人事業主のライフプランニング、金融資産運用の提案などを行っている。
現在、大手ニュースメディアやキャッシング利用者向けサイトでも執筆活動を行っており、
また、消費者金融5社、銀行15行に対しての電話取材経験があり、キャッシング・カードローンの調査データに精通している。

こちらも一緒に読まれてます!

おすすめキャッシング
<?=楽天銀行「スーパーローン」
収入証明書不要で即日審査OK!おまとめローンや借り換えローンとしても使えます。しかも楽天ポイントが貯まります!
詳細を見る
<?=アイフル「キャッシングローン」
安心と信頼の大手消費者金融アイフル。即日審査だけでなく即日融資にも対応可能。今すぐお金を借りたい人にオススメです。
詳細を見る
<?=プロミス「フリーキャッシング」
30日間の無利息期間があるうえ審査もとっても短いプロミス。即日融資も可能だから今すぐお金を用意しなくてはならない方でも安心。
詳細を見る
みんながアクセスしているキャッシングはこちら
借入額の予想をチェック
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
審査時間は最短で30分!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
低金利で高限度額のハイスペックローン!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
名に違わぬクイックな対応!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
3項目3秒で借り入れ診断
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
毎月1000円で月々の返済もラクに!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
電話や書類連絡なしのweb完結申し込み!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
2.0%~14.0%の低金利!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
【初回限定!】最大30日間の無利息サービス有り!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
オンラインで来店不要のお申し込み!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
即日融資可能な銀行カードローン!
キャッシング・カードローン情報
消費者金融系
銀行系
信販系
カテゴリ一覧
ページ最上部へ