レディースローンの金利と限度額の比較

お問い合わせサイトマップ
掲載ローン数
108
キャッシング検索はこちら!
トップページ このサイトについて キャッシング基礎知識 サイト内おすすめランキング キャッシングQ&A コラム集
トップページ このサイトについて キャッシングナビゲーション サイト内おすすめランキング キャッシングQ&A コラム集

アイフル・プロミス2社のレディースローンを徹底比較!金利・限度額編

     

女性向けカードローンとして発行されている、アイフル、プロミスのレディースローンは、利便性の高いカードローンとしても知られています。

カードローンの利用に不安を抱えている女性でも、安心してカードローンの利用ができるようなサービスを展開しているのも特徴的です。

カードローンを利用していくうえで大切なポイントとして、金利や限度額についてしっかりと理解しておくことが大切です。

今回は各レディースローンの金利や限度額について、それぞれを比較しながらご紹介をしていきたいと思います。

各レディースローンの金利設定を比較してみよう

各レディースローンの金利設定を比較してみよう
まずは各レディースローンの金利について比較をしていきたいと思います。

改めて説明をしておくと、金利とはカードローンに設けられている利息率のことを指し、この金利の数字によって借り入れに対する利息の負担額が変わります。

金利の数字が大きければ大きいほど、利息の負担は大きくなっていく形です。

各レディースローンがどのような金利の設定になっているのかを見ていきましょう。

【各レディースローンの金利】

プロミスレディース4.5%~17.8%
レディースアイフル4.5%~18.0%

以上が各レディースローンの金利設定となっています。

この数字だけをみても基準が分からないとは思いますので、カードローン全体の金利はどれくらいのものなかを確認しておきましょう。

一般的な消費者金融系と銀行系の金利

各カードローンによって設定されている金利は様々ありますが、上限金利などの傾向は類似しているものが多いので、一般的にどれくらいの金利設定となっているのかを、他社のカードローンを引き合いに出して比較していきたいと思います。

【大手カードローンの金利一覧】

カードローン名金利
アコム3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
ノーローン4.9%~18.0%
三菱UFJ銀行バンクイック1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%

カードローンのなかでも利用者が多いことで知られる各カードローンの金利設定です。

またアイフル、プロミスにおける通常のカードローンの金利はレディースローンと同じ設定になっています。

消費者金融系と銀行系の金利の違い

これまで見てきた金利の数字を見て頂ければわかるように、消費者金融系カードローンと、銀行系カードローンとでは金利の設定に差があることが分かります。

レディースローンがあるアイフル、プロミス、ノーローンは消費者金融系にあたります。

バンクイック、オリックス銀行カードローン、三井住友銀行カードローンは、その名の通り銀行系カードローンの部類になります。

レディースローンの金利は上限金利で考えることが大切!

これまでレディースローンと各カードローンの金利を比較してきましたが、金利を比較する際に注目しておくべきは上限金利です。

それぞれ最低金利~上限金利の利率幅がありますが、基本的に契約時に適用されるのは上限金利に近い数字であることが多いため、上限金利を目安にして申し込みを行うことが大切です。

後ほどご説明する限度額のお話とも関わってくることですが、金利は限度額によって適用される数字が変わってきます。

限度額が高ければ高いほど、適用利率は低くなり、利息の負担を減らすことができます。

しかしそのためにはそれなりの収入や信用などの問題が関わってくるので、最初から大きな限度額を設けてもらうことは簡単ではありません。

そのため上限金利に近い数字で適用される可能性が高いのです。

プロミスレディースの0.2%の差

各レディースローンの金利を比較した際に、プロミスレディースのみが17.8%という数字になっています。

レディースアイフルと比べて0.2%低い設定になっていますよね。

この差が、実際にどれくらいの負担を軽減してくれるのかは気になるポイントだと思います。

利息の計算を元にどれくらいの差があるのかを覚えておきましょう。

【50万円を18%の金利で一カ月借りている場合の利息】

500,000(残高)×0.18(金利)÷365(年間日数)×30(日数)=7,397円(月の利息額)

【50万円を17.8%の金利で一カ月借りている場合の利息】

500,000(残高)×0.17(金利)÷365(年間日数)×30(日数)=7,315円(月の利息額)

以上のように18%の金利で50万円を一カ月借りた際の利息は7,397円、17.8%の場合には7,315円となり、その差額は82円です。

この金額を安いと思うか高いと思うかは個人次第ですが、残高が高くなればなるほどこの差額は広がりますし、返済期間が長くなればなるほど差額は大きくなります。

少額かつ短期的な借り入れであれば、それほど差がないかもしれませんが、高額かつ長期的な借り入れの場合には、0.2%の借り入れもあなどれないものになっていきます。

レディースローンの限度額を比較してみよう

ここからは金利とも深い関係を持つ限度額について比較をしていきたいと思います。

プロミス、アイフルのレディースローンの限度額はどのようになっているのかをまずは見ていきましょう。

プロミスレディース1~500万円まで
レディースアイフル1~500万円まで

以上のように各レディースローンはそれぞれ最大500万円までの限度額を設けています。

女性向けカードローンの中ではこの2つのレディースローンは、限度額が高く設定されているため、様々な用途に利用ができるものとなっています。

限度額による適用金利を見比べていこう!

ここからは金利の時にも簡単にお話しした、レディースローンにおける限度額による適用金利を見比べていきたいと思います。

レディースレイクに関しては限度額に対して適用利率がしっかりと設けられていますが、プロミスレディース、レディースアイフルは限度額によって適用利率が変わるというわけではありません。

特徴を紹介していきます。

プロミスレディース・レディースアイフルの限度額による利率

プロミスレディースとレディースアイフルの場合、限度額による利率の決まりはありません。

あくまでそれぞれのカードローンが設けている審査基準に乗っ取って、金利の数字を設定することになっています。

レディースアイフル、プロミスレディースは単一金利という金利適用方式をとっており、契約時の金利から基本的に金利が変動することはありません。

そのため一度決まった金利は限度額が上がったとしても変わらないものとなります。

実際どれくらいの差がでるのかを検証してみよう!

恐らくレディースローンを契約した際に、限度額として提示されるのは50万円~100万円くらいが、初めて契約をした際の提示限度額になるかと思います。

ここでは100万円を借り入れした際に、18%での契約と12%の契約で、どれくらい返済額に差が生まれるのかを見ていきたいと思います。

今回はプロミスレディースの返済を例に見ていきたいと思います。

プロミスレディースの返済方法

計算をする前にまずは返済方式を見ていきたいと思います。

プロミスレディースの場合には、返済方式が以下のようになっています。

借り入れ額返済額上限返済回数
30万円以下の場合借り入れ残高×3.61%(1000円未満は切り上げ)36回まで
30万円~100万円以下の場合借り入れ残高×2.53%(1000円未満は切り上げ)60回まで
100万円以上の場合借り入れ残高×1.99%(1000円未満は切り上げ)80回まで

このような形で返済額が決まります。また元利定額方式ですので、この返済額が元金と利息を合わせた金額となります。

金利が高く設定されていればいるほど、この元金と利息の割合は、利息が大きくなっていきます。

18%の金利で100万円を返済していく場合

それでは100万円の借り入れを18%の金利で借入れした場合の返済額の元金と利息の割合を見ていきましょう。

まず毎月の返済額を見ていきましょう。

100万円(残高)×1.99=19,900円

19900円が毎月の返済額となります。

続いて利息の負担額を計算していきます。

100万円(残高)×0.18%(金利)÷365日×30=14,795円

これが最初の月にかかる利息額です。

最後に19,900円-14,795円=5,105円となり、この5,105円が元金に対する返済額となります。

年率15%で100万円を借りていた場合

毎月の返済額に関しては先ほどの19,900円と変わりありません。

利息の負担額を計算していきたいと思います。

100万円(残高)×0.12%(金利)÷365日×30=9,863円

毎月の返済額19,900円-9,863円=10,037円となり、元金への返済額は10,037円という計算になります。

塵も積もれば大きな額

今ご紹介したのは100万借り入れをした最初の月の返済例ですので、元金の返済をして残高が減っていけばその分利息の額も減っていきます。

見て頂ければわかる通り、18%と12%の金利で100万円を借り入れした際の返済額は、4658円もの金額差が生まれることになります。

年間で考えると4万5千円近くの差が生まれると思うと、金利設定に関しての意識が変わってくるのではないでしょうか。

どのレディースローンを利用する場合にも金利を意識して借り入れを行っていきましょう。

まとめ

今回はレディースローンの金利と限度額についてご紹介をしてきました。

長くなりましたので今回の内容を改めいかにまとめていきたいと思います。

【レディースローンの金利設定】

プロミスレディース4.5%~17.8%
レディースアイフル4.5%~18.0%

*レディースアイフル、プロミスは一般的な消費者金融系の金利
*レディースローンは上限金利をチェック!
*プロミスレディースは0.2%低い!
*塵も積もれば0.2%でも大きくなる
*利息は少額かつ短期的なほうが負担は少ない!

【レディースローンの限度額と金利の関係】

プロミスレディース1~500万円まで
レディースアイフル1~500万円まで

*各レディースローンは最大500万円まで
*プロミスレディース、レディースアイフルは契約時の金利が変動しない
*少額の借り入れならプロミスレディース、レディースアイフル
*金利の差は大きな利息負担の差を生む!

金利と限度額はレディースローンを利用する上でもチェックして頂きたいポイントですので、しっかりと自分の利用方法を考えながら決めていきましょう!

この記事を書いた人
香取貴史税理士 、公認会計士

性別:男
2005年、公認会計士第二次試験に合格後、大手監査法人にて金融商品取引法監査、会社法監査に従事。
上場企業の監査の他、リファーラル業務、IPO(株式公開)支援、学校法人監査、デューデリジェンス、金融機関監査等を経験。
2013年、経営革新等支援機関認定、税理士登録。
2015年には自身で会計事務所を立ち上げ独立し、スタートアップ企業の支援から連結納税・国際税務まで財務・会計・税務を主軸とした幅広いアドバイザリーサービスを提供。

こちらも一緒に読まれてます!

おすすめキャッシング
<?=楽天銀行「スーパーローン」
収入証明書不要で即日審査OK!おまとめローンや借り換えローンとしても使えます。しかも楽天ポイントが貯まります!
詳細を見る
<?=アイフル「キャッシングローン」
安心と信頼の大手消費者金融アイフル。即日審査だけでなく即日融資にも対応可能。今すぐお金を借りたい人にオススメです。
詳細を見る
<?=プロミス「フリーキャッシング」
30日間の無利息期間があるうえ審査もとっても短いプロミス。即日融資も可能だから今すぐお金を用意しなくてはならない方でも安心。
詳細を見る
みんながアクセスしているキャッシングはこちら
借入額の予想をチェック
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
審査時間は最短で30分!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
低金利で高限度額のハイスペックローン!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
名に違わぬクイックな対応!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
3項目3秒で借り入れ診断
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
毎月1000円で月々の返済もラクに!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
電話や書類連絡なしのweb完結申し込み!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
2.0%~14.0%の低金利!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
オンラインで来店不要のお申し込み!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
【初回限定!】最大30日間の無利息サービス有り!
総合評価:評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
即日融資可能な銀行カードローン!
キャッシング・カードローン情報
消費者金融系
銀行系
信販系
カテゴリ一覧
ページ最上部へ